白色について

 

白色といっても色んな白色があって、

白色の種類によって雰囲気は全然変わります。
白は白。
といいたりところですが、大きく分けると白。と言った方がいいでしょう。
オフホワイトやアイボリー。真っ白は実は案外少ないのかもしれない。
目の覚めるような白。

 

 

 

とにかく清潔感、正義といったものを感じさせる色。
選挙などで白い手袋が付けられているのも、一節によると清潔感を演出するためだそうです。
また、女性の肌の表現としても白い肌という言葉がありますね。
日焼けのない、しみやそばかすのない美しい肌。
そんな肌を表現することばとして白い肌という言葉があります。
まさに女性にとっては憧れの肌。
美白化粧品の人気の高さを見ても、多くの女性が白い肌に憧れていることがわかります。

また夏がやってきます。
今年も白い肌を守るためにも、毎日の紫外線対策。
しっかり頑張らなくてはなりません。

 

私たちが憧れる白い肌というのは、真っ白というよりは

透明感といった方がいいかもしれません。
透き通るような・・・というのがきっとイメージしている白い肌。

 

また白色は幻想的な色ともいえます。
真っ白の雪景色はとても幻想的に思うのは、そのせいかもしれません。
汚れていない世界はとても違和感があるせいかもしれませんね。